「Q&Aヘイトスピーチ解消法」出版記念シンポジウム

◆出版記念シンポジウム「<Q&Aヘイトスピーチ解消法>を自治体現場から読む」◆

  • パネリスト:座光寺成夫さん(自治労中央本部)/師岡康子さん(弁護士)/金哲敏さん(弁護士)/明戸隆浩さん(研究者)/寺中誠さん(研究者)/ほか
  • 日 時:10月2日(日) 午後3時~5時
  • 会 場:東京麻布台セミナーハウス
    (東京都港区麻布台1-11-5/日比谷線「神谷町」駅から徒歩5分)
  • 資料代:1500円(書籍代込み)    *事前申し込みは必要ありません
  • 主 催:外国人人権法連絡会

私たち外国人人権法連絡会は、ブックレット『Q&Aヘイトスピーチ解消法』をまとめ、9月末、出版する(監修:師岡康子/編著:外国人人権法連絡会/発行:現代人文社)。
本書は、これまでのカウンター行動や裁判闘争、地方議会ロビイング、国会ロビイング、国際人権活動などの様々な「現場」から、ヘイトスピーチ解消法の実効化に向けて、国と地方自治体、市民社会の課題を提起する<解説書>である。
諸外国が設けているヘイトスピーチ規制法/人種差別撤廃法と異なり理念法であるヘイトスピーチ解消法を実効化するためには、どうすればいいのか? 現在、ヘイトスピーチ問題に対し「自治体から発信する人権政策」の提言をまとめている自治労自治研究会の座光寺哲夫さんをお招きして、ともに自治体の現場でどう生かせるのか考えたい。

広告